不動産投資情報なら「初心者歓迎!不動産のあれこれ」
 

メニュー

リフォーム

家設計

別荘

別荘を選ぶ

ログハウス

お問い合わせ

リフォーム

人によっては、今の家をリフォームしたいと考える人も少なくないでしょうが、本当にリフォームは必要ですか?

リフォームについて

基本的に、家をリフォームする場合は、使いやすくしたいとか模様替えという気軽さで行う方もいるようです。特に、某テレビ番組で行われる、リフォームでは壁を壊したりして、インパクトがあるイメージながらも、そこに住む人の使いやすさや心遣いを重視したリフォームを成功させています。そのため、あのようにリフォームしたいとか、そのような収納が欲しいと思いリフォームを行う方もいるでしょう。

しかし、「幸福は、どれもが似ている物だが、不幸はそれぞれの独自性がある」という「レフ・トルストイ」が言うように、良い家とは、「使いやすい」とか「広い家」というおぼろげなイメージが共通してありますが、どうして使いにくいかはそれぞれなのです。そのため、どうして使いにくいかをハッキリさせ、その上でどうしたいのかを考える必要があります。良いリフォームのコツは、「不満がどこにあるかを書き出す」ことから始めることです。

不満が分かれば、改善方法の案もある程度出てくるでしょう。その改善方法の内、実現可能で、かつ新たな問題が出ないようなら、ようやく見積もりしてもらうという段階まで進んだという事になります。

リフォームする時機

普通は「時期」と書きますが、今回は「時機」、つまり、リフォームする機会を意味します。リフォームをする場合は、基本的に、ライフスタイルが変わったらという事になります。新婚のとき、子どもができたとき、老後などライフスタイルの変化する時期は、いくつも考えられます。子どもが生まれたときには、子ども部屋を考える必要もありますし、老後なら、バリアフリーの検討も出てくるはずです。このように、ライフスタイルによって、「使いやすい家」の形は変わってくるのです。

また、場合によっては、増改築する必要も出てくる可能性もありますし、家のメンテナンスも必要になる場合も想定されます。家のメンテナンスとしては、雨漏りや壁のヒビ、水道管のサビなどが考えられます。害虫の例としては、シロアリなどがあげられます。シロアリ退治しても、またシロアリが出ることもあるので、歴史的建造物などでも問題になっているようです。現在では、聞くことが少なくなりましたが、気をつけるに越したことはありません。

それと、ライフスタイルの変化でリフォームすると共に、メンテナンスを行うと費用が抑えられるので、オススメです。今年はライフスタイルの変化のリフォームで、2年後にはメンテナンスと考えるよりは、一緒にやったほうが、いいと思います。基本的に、5年、10年ごとに行うことが多いそうですが、5年もあれば、小学生は高校生にもなりますし、中学生が成人することもあります。5年ごとに、リフォームしろとまでは言いませんが、点検はしておきましょう。

時期的に少しずれるようなら、費用的にも一緒に行う方が良いです。そのためには、先を見据えての検討が必要になります。先を考えてのリフォームを行わないと、修繕したばかりの所をリフォームするような場合にもなります。また、メンテナンスの場合は、先送りはオススメしません。早めるならいいですが、先送りする分、メンテナンスのための費用が増えることは掛かるという場合があります。シロアリ退治が遅くなったための工事や雨漏り放置による壁紙のシミなどが主な例です。

check

孤独死の特殊清掃やゴミ屋敷のお片付けなどでお困りの方も安心料金を無料お見積り!遺品整理のご相談から供養まで、実績豊富な当社へ是非お問い合わせください。

遺品整理 横浜

介護タクシー・ケアタクシーの検索や予約をお考えなら「くるのる」へ。料金・車両・対応地域など情報満載。住所や利用条件を指定してご希望の介護タクシーを簡単に検索!介護タクシー事業者の皆様、掲載は無料となっております。

介護タクシー

仕事・人間関係・恋愛・子育て・介護など、様々な悩み相談を心を込めてお聞きするサービスです。

話し相手サービス

食品サンプルをお店の「顔」として。

食品サンプル

2016/4/8 更新

↑ページの先頭へ↑

Copyright (C) my home net. All Rights Reserved